So-net無料ブログ作成

雪の日に。 [本編]

『、、、、、、、、』

か細い声がする、、。

なんだ、こいつか、、。



寒さに弱いようだな。

とどめを刺すか、、、、、。








、、、、しかたねぇ、、、、つれて帰るか。

   
!!
重い!!
なんで、こんなに重いんだ?
連れて来たときは、こんなんじゃなかったぞ、、、?

スイカか????
チッ!手間がかかりやがるぜ

運ぶものがいるな







ん?     なんか、踏んだか?







nice!(6)  コメント(14) 

ヴォータンの槍 [本編]

眼帯の下にある目は、冥府を見る事ができる、、。
冥府にある、聖なる契約に縛られている俺の槍に呼びかける。
















『今こそ、主の手に!
 槍よ、雷(いかづち)を呼び、
    悪しきものを罰せよ!!』














雷(いかづち)は、、
見事キャニーズに命中!














雪が降る、、、、
季節が飛んじまったようだな、、、
冥府から槍を召還すると決まって時空に歪みが生じる、、。







これに懲りて、俺につきまとうのはやめろ。

聞こえねえか、、、。

さて帰るか、
とんだ災難だったぜ。


nice!(8)  コメント(26) 

炯眼。 [本編]

キャニーズホラー一族の秘宝、、、。
妖しく光る翠の宝玉に俺は、目が奪われた。

キャニーズ:   さあ、ヴォータン様
         この秘宝の上に、手を重ねて下さい。
         それで契約は終わり、
         貴方様は、あの子から解放されるでしょう。
          
         簡単でございましょう♡

ヴォータン:   契約の意味するところとは、、、?

キャニーズ:   うふふ♡ 契約は契約ですわ。
         あの子を、引きとらせていただく、その代償として
         貴方様の魂をお預かりするのです。

         さあ、ヴォータン様
         お手を、、、。


 



 女の形相が変わり、もはやその声は呪詛をはらんでいる、、、。

 くっ、、、、。引きずられる。
 体がいう事を聞かない、、、、。

 

 俺は声を振り絞り、カラスの相棒に叫ぶ。
 『クロ!俺の眼帯を取れ!!』
 











nice!(6)  コメント(17) 

一途な愛。 [本編]

女は、ゆっくりと向き直る。

   

キャニーズ:  うふふ♡ さて、どういたします?

ヴォータン:  、、、、、、、。

キャニーズ:  困りましたわねえ、、、。
        一途な愛は、呪いにも似てますわ

ヴォータン:  一途な愛?

キャニーズ:  あの子の、ヴォータン様への思い、
        雛鳥が親鳥を慕うように、貴方様を慕っております。

ヴォータン:  馬鹿げている!

キャニーズ:  貴方様にとって、馬鹿げていても
        年端のいかぬあの子には、親代わりの貴方に、
        捨てられる事は、まさに死活問題ですわ。

        逃げられるとお思い?
        うふふ、、逃げられませんわよ
        
        貴方、あの子に巻き付かれた時に
        あの子の胞子を、御身に植え付けられていますもの♡

        マーキングも同じ、どこまでも追っていきますわ
        それとも、貴方様の体の中の胞子が発芽して、
        捕らえられてしまうかも、しれませんわね。

ヴォータン:  、、、、、。      

キャニーズ:  私なら、その呪いから救って差し上げる事も出来ましてよ
        いかがなさいます、私と取り引きなさいます?

ヴォータン:  、、、、、お前にそれが出来るというのか? 

キャニーズ:  ええ、もちろん
        キャニーズホラー一族に伝わる秘宝を、持ってすれば。

   


コメント(24) 

キャニーズホラー商会、再び。 [本編]

『お困りでしょう?』

派手な車に乗って、突然その女は現れた。




『ご覧の通りさ、、嬉ししいだろう!』俺は吐き捨てるように言い、睨む。

 キャニーズ:   うふふ♡ 怒ったお顔も、また素敵ですわ。
          とにかく駄々っ子ちゃんを、泣き止ましましょうね。

          あんまり泣くと、しおれちゃうわ、、、、。
          さあさあ、甘い西瓜でも食べて機嫌を直して、、ねっ♡

女は手際良く、化け物を抱き起こし、西瓜を食べさせる。




 それにしても、なぜあんなに、車に西瓜を満載しているのだろう、、、。


コメント(14) 

本編再開。 [本編]

これまでの、あらすじ、、。

俺はヴォータン。
荒涼たる雪原から、突如このバルビレッジに迷い込んでしまった。
この村でも、さすらいに日々を費やしていた俺は、種を拾い育てる。
ところが、この種、とんでもねえ化け物に育ちやがった、、、。


 

化け物  :  ヤダ!ヤダ!ヤダ!
        オイテ イクナラ ムラジュウ イシニ スル!

 俺は村人全員が石になろうと、知ったこっちゃないが、
俺まで石になるのは、ごめんこうむりたい。 

 ガキに、こんな力を持たせやがって始末に負えねえ、、。



 『うふふ♡お困りのようですわね!』 聞き覚えのある声がした、、、。


コメント(23) 

化けの皮 [本編]

足早に立ち去ろうとしている、俺の前に奴が立ちふさがった。

   

ふん!化けの皮がはがれやがった。
幼い子供の顔の下からは、禍々しい大きな目、、。
“蛇眼”とは、よく言ったもんだぜ。

ヴォータン: なんだ、お前!言いたいことがあるなら、いってみやがれ!
       しゃべれるんだろ!

化け物  : オイテ イカナイデ、、、。

ヴォータン: お前みたいな、アブないヤツは暮らせねえ。
       ここで,飼ってもらいな!

化け物  : ヤダ!!

そして、、、、いきなり目が光った。 俺はとっさに身を伏せた。
やりやがった、、、
この家の生き物すべてが石になった、、、。



       


コメント(4) 

捨てる。 [本編]

“逃げる”、“捨てる”、“育てる”
3つのカードから、俺が選んだのは 当然のことだが“捨てる”だ。
 
 意外にも箱に詰められても抵抗することなく、そいつは大人しくしていた。


 この村一番のお大尽の家だ。
 人情も懐も温かいはず、可愛がってもらえ。

 俺はそう言い残して、その場から立ち去った。

 


コメント(12) 

どうする、俺、、、、、。 [本編]

 迷ったあげくプラントを刈り取った俺は、そいつの姿に動揺した。

 ピンク色の小さな子供、、、、。
 刈り取る前までの、ぞっとするような巨大な目玉の痕跡もなく、
子供らしき物体は、手をあげて挨拶した。

 化け物には違いなく、そいつの外見とのギャップに 俺は途方に暮れた
 
 どうする、、、俺。
 


コメント(1) 

刈り取る。 [本編]

 まだ眠っている、、、、、、。
 チャンスだ。

 捨ててしまおう、、。

 俺はプラントの背後回り、そいつをバケツごと持ち上げようとした。
 「!! ビクともしねえ。」
 
 さらに、渾身の力を入れる。
 メキメキッ 鈍い音がして、床板がめくれあがる。
 
 「とても、持ち上げれねえ、根が部屋中を這い回ってやがる。
 クソ!、、、、、、、水をやらないで、枯らすしかねえな。」

 衝立てを背に思案していた俺は、不意に引き倒された。

 

 化け物め! 絡み付きやがった!!  苦しい、、、。

 『みず、、。』

 「、、、、、分かったから、離せ!」

 つるが離れ身が自由になりつも、足には まだ巻き付いている。
  
 これ以上水をやる訳にはいかないが、この状況。
 絶体絶命。
 
 こうなれば二者択一

 水をやって、大きくするか、
 刈り取ってしまうかだ

 いちかばちか、俺は後者にかけた。
 


コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。